jintan house Lobby's Board にようこそ
[][][]
Lobby's Board
2366 キヨのおかげで連敗ストップ 2位堅持
jintan
5連敗の17位相手に苦労したけどまあ勝ててよかった

先制するも逆転されどうなるかと思ったがキヨのおかげで何とか勝利

今日は曜一朗、ブルーノのコンビが先発、丸は今日もベンチ外で片山が入った

都倉の代わって藤尾がベンチに入り、豊川、小池もメンバーに入ってきた

仙台も守りを固めてきて前半は決定機をなかなか作れずイーブンペースで進み
このまま両チームスコアレスで前半終了かと思ったがいい時間にセレッソが先制


44分 曜一朗が左サイド深くからクロスを入れるとブルーノが相手DFをうまくかわして
ニアサイドに走り込み頭で合わせて先制ゴールを決めた

後半に入り仙台がリスクを冒して攻め込んでくるようになりに57分同点に追いつかれる

そして67分、陸がPAで西村を倒してPKの判定

「審判どこ見とんねん! PKちゃうやろ!!」って言いたいけど
今日の主審は「世界のジャスティス西村さん」・・・よく見てはります
陸は一回滑って止めた後もう一回起きてボールではなく体に当たりに行ってるので
「オブストラクション」取られてもしょうがないでしょうね

これで1-2 … おいおい17位相手に何やってんねん!!!
でも不思議に負ける気はしなかった

予想通り82分にキヨが蹴ったコーナーキックのクロスをヨニッチが相手の
ブロックを飛び越えて撃ったヘディングシュートが見事に決まって同点に追いつく

やっと追いついて引分けで上出来かな? と思っていたら最後にキヨがやってくれた

91分 ダイレクトのパスをつないでキヨがペナルティエリア左で受け中央へ切れ込み
相手選手を一人かわしてゴール右上を狙いすまして撃ったシュートがきれいにゴールに
吸い込まれていった ゴールキーパーが絶対触れられない最高のゴールでした

負ければ川崎との差は挽回不可能となる所を踏みとどまった価値のある1勝だった




次節は首位川崎との一位二位直接対決 

この試合での勝利は勝点は3以上の意味がある
今後の成績を左右する今年一番の重要な試合である
幸い約1週間、間隔が空くのでしっかりリカバリーして最高のコンディションで
川崎を迎え撃って欲しいと思います

収容率50%となり年パスも使えるようになったので多くのサポが駆けつけるはず
アウェーで2-5で敗れたリベンジを果たしてほしいと思います
2020/09/27(Sun) 23:22:23
2365 2位と3位の上位直接対決は痛い痛い敗戦 ・・・
jintan
雨と審判が悪いんです!!!!!

絶対負けられない3位との直接対決に敗れて痛い痛い連敗・・・

スタメンは中三日ながら前節と同じベストメンバーでスタート

有給が明けた都倉はベンチにも入らず ロティーナ制裁なのか?

中三日のセレッソと中二日のFC東京
雨によるコンディションの悪さも加わって前半は両チーム体が重そうだった
お互いチャンスは作るが決定機まで至らずスコアレスで前半終了

このままスコアレスドローで試合終了もありかと思ったがきつい一発を食らう

63分 スローインのミスからカウンターで一気に攻め込まれ最後オリヴェイラに
決められ先制を許してしまう
まあ、この1点はFC東京のカウンターが見事に決まったのでしゃーないとして

その3分後の66分に追加点を許してしまう

しかしこれは完全にオフサイドでしょう!!! ええ加減にしてほしい

87分には曜一朗の蹴ったFKを完全に手でブロックしているにもかかわらずハンドはなし

主審はどこを見ていたんでしょう? これを見逃すとはありえない!!!

この誤審続きにはロティーナさんも苦言を述べている
「今日の審判に何か言いたいことはないのですが、VARがなくなったことで、
我々は、とてもとても大きなダメージを受けています。サッカー界のためにも、
早くVARを導入すべきだと思います」


ちゃんと判定されていたらFC東京の2点目はなく曜一朗のFKでハンドでPKとなり
少なくても1−1のドローで勝点1を得ることができたいたはず



不幸な判定があったとは言えセレッソが点を取れなかったことは事実

川崎は今日も勝ち差がますます広がって背中が遠くに行ってしまった・・・
(しかし川崎と対戦した横浜FCはカズ、俊介、松井を揃って先発させるとは
 勝てないと思って試合を捨てたのか?)

フォワードプレスをがんがん掛けて奪ったボールでブロックが整わない内に
ショートカウンターを仕掛ける対セレッソ大作戦が広まりつつある
このまま引き下がるロティーナさんではないと思うので秘策を披露してくれるでしょう

次節の仙台戦で取り戻し10月3日のホームでの川崎との直接対決で結果を出して
ほしいと思います

2020/09/24(Thu) 03:03:28
2364 まあ負けることもありますよ〜 無念7連勝ならず!
jintan
う〜ん 策士鹿島にしてやられたという感じでしょうか 負けた気がしない

しっかり分析されてきっちり対策を取られセレッソのペースで試合ができなかった
昔は長居での鹿島は「いいお客さん」だったのにすっかり逆転しましたね

先発メンバーに藤田が3試合ぶりに復帰、赤で有給の都倉に代わってブルーノが先発

丸は先発するかと思ったがベンチ、ほぼ現状のベストメンバーで鹿島を迎え撃つ

鹿島はセレッソのゆっくりしたペースに巻き込まれないよう前線から強力なプレスを
かけセレッソに時間を与えずブロックの隙をつく攻撃を仕掛けてきた

特に坂元は研究され徹底したマークで自由なプレーをさせてもらえなかった

前半32分 キヨが中盤で複数人に囲まれて奪われたボールを素早く前線に展開され
和泉が撃ったシュートをゴール前でファンアラーノがタッチし最後片山がもつれて
自身の足でゴールに入れてしまい先制を許す

しかし、その4分後にはさかもっちゃんが今日もやってくれた

前半36分 陸がワンタッチで奥埜に縦パスを入れると奥埜もダイレクトで右のスペースに
パスを送った そのボールに坂元が走り込み中央でフリーのブルーノにパスを送ると
ブルーノが左足で合わせて同点ゴールを決めた

同点で試合を折り返すこととなり、後半に期待が高まったが・・・・

後半1分(実際にはまだ1分もたっていない時間帯だった)ショートカウンターからの
シュートをジンヒョンが一度は抑えるがこぼれ球を押し込まれてしまう
後半のキックオフ直後で守りの体制が整わないうちに一気に攻め込まれた失点だった

後半5分 藤田に代わって木本が入ったが違和感があったための交代らしい
後半16分には 奥埜→曜一朗、片山→丸 交代を行い逆転を狙う

後半26分、27分と立て続けにヨニッチのヘディングシュート、デサバトの強烈な
ミドルシュートと決定機を迎えるが2本とも相手GKのファインセーブに遭い決められない

アディショナルタイムには木本のヘディングシュートがバーに弾かれゴールならず


その直前には陸のロングスローのボールに鹿島の選手がペナルティエリア内で「手」
ブロックする場面もあったが笛はならず (なんで???)


最後まで鹿島のゴールに迫り続けたがそのまま1-2で試合終了
中6日で休養十分な鹿島と中2日が続き今週3戦目のセレッソでは差があるのも当然
今日は勝利の女神と審判が鹿島に微笑んだ試合でしたね!



7連勝はできなかったが、まあ負ける日もありますよ

次の試合もすぐやって来るので下を向いている暇はない
今日の鹿島のように色々セレッソ対策を取ってくるチームもあると思うが
それ以上のロティーナさんの策を期待しています

明日は浦和が川崎をやっつけてくることを心から願っています 頼むで健勇!!
2020/09/20(Sun) 03:17:00
2363 10人で6連勝達成 鳥肌立ちました!!
jintan
10人になった時は正直「あかん!」って思いましたがなんという強さ!!

布陣を直ちに変え対応したロティーナさんの手腕も効いてました

今日は曜一朗・潤が先発、キヨ・坂元はベンチスタート

ベンチにも入らなかった藤田は完全休養のためならいいんですが

今節も予想通りの立ち上がりで神戸がボールを握る時間が多く
ポゼッションでは一時セレッソ31%:神戸69%
まあ、これもロティーナさんの思い描いた展開で攻められても
崩されることはなく予想通りの試合運びだった

しかし予想外のアクシデントでロティーナさんは戦略の変更を余儀なくされる

前半33分 奥埜からのボールに抜け出した都倉がGKとほぼ1対1の状態からシュートを
撃つがGKにセーブされる、こぼれたボールに飛び込んだ都倉がGKを顔面を蹴ってしまい
一発レッドで退場に!

悪意のあるプレーではなかったが絶好のチャンスを決められなかった焦りからなのか
判断を誤り退場となってしまったことは大いに反省をしてほしいと思います

10人になってロティーナさんは布陣を5−3−1に変更する
潤を下げて片山を入れ曜一朗を1トップに置く形となった

前半をなんとか無失点で凌ぎ、後半も同じメンバー布陣でスタート
一人少なくなり守りを固めた形となり神戸がボールを握る時間が多くなったが
神戸の攻撃にあまり脅威を感じなかった

そんな苦しい戦いの中「桜の8番」がチームを救ってくれた

後半17分 左サイドのFKの流れからデサバトが右サイドでボールをキープし
アーリークロスを送るとニアサイドでうまく相手DFを交わして前に出た曜一朗が
頭で合わせ値千金の先制ゴールを叩き込んだ…

最近は試合に出てもゲームメークに徹することが多い曜一朗が本来の場所で
最高を仕事をしてくれました ゴールの瞬間は鳥肌立ちました

ここから残り30分余り…守って守って守り抜きます!
3-5-1の強固なブロックは神戸の攻撃を寄せ付けない
ブロックの周りまではボールを運べてもそこから先には入れない
可能性の低いクロスをサイドから放り込むばかりでやられる気がしなかった
そのまま最後まで守り切って見事6連勝を達成した
試合終了間際の短い時間ではあったが喜田もJ1初出場を果たした

終わってみれば 神戸のシュート数21に対しセレッソ9は
本当によく耐え抜きました。。。



今日の勝利で川崎との勝点差を「5」まで縮めることができた

週末には鹿島戦が控えるがキヨ、坂元を完全に休めることができたことは大きい
川崎の背中が大きく見えてきました!!
鹿島叩いて7連勝行くぞ! 待ってろ川崎!
2020/09/17(Thu) 04:43:44
2362 今日もさかもっちゃん祭り! そんでもって5連勝!
jintan
先制されてどうなるかと思ったが見事な逆転勝利で5連勝達成

前半押し込まれながらも粘って失点しなかったことが勝利を呼びこんだ

前節から先発二人が交代したセレッソに対し横浜は7人を入れ替えて臨んできた

ベンチには西川、藤尾、喜田の3人が揃ってはいったが曜一朗はベンチ外となった

試合はロティーナさんの目論見通り(?)相手にボールを握らせ攻められる場面が続く
危ないシーンが何度かあったが何とか守り切って無失点で前半を終えた
特に片山がゴールライン上のボールを頭ではじいた場面は本当に危なかった!

後半早々に横浜に先制点決められる

後半7分にエリキが得点したが、その前にマルコスジュニオールに出したパスは
完全にオフサイドでしょう! (解説者の「出てますね!」には笑った)

しかしセレッソも訪れたチャンスを見事ゴールに結びつけた

58分
右サイドから陸が低い縦パスを通すとボールを受けた坂元が真ん中にパスを送る
これパスにキヨが前に出ていたGKの位置を見てダイレクトでループ気味に撃った
シュートがゴール左上決まった

65分…オフサイド見逃しのお返しなのか?

裏に抜けてゴール前に迫ろうとする片山を横浜の伊藤が後ろから倒して一発レッド
この退場により横浜が一人少なくなりセレッソに流れが変わった

86分
右サイド深くで坂元が「左足でクロスを上げるぞ!」フェイントで相手を交わし
そのままペナルティエリア右に進入しゴール前でフリーになっていた高木にクロスを
送ると高木が軽く合わせて逆転ゴールを決めた


ゴールを決めたのはキヨ、高木だがアシストを決めた坂元の働きが素晴らしい
特に2点目はほぼさかもっちゃんのゴールと言ってもいいじゃないでしょうか



苦しい戦いを制して5連勝を飾ったが川崎もまた勝ったため差は縮まらず

他の上位陣も勝ったためますます負けられない状況となった
川崎の背中に張り付いて行くために次節の神戸戦…絶対勝点3持って帰ります
2020/09/14(Mon) 09:45:03
2361 祝4連勝 !!
jintan
クラブJ1通算1000ゴールは奥埜でした しかもオマケつき!

奥埜はハットトリックのチャンスもあったけど2点目はキヨのプレゼントかな?

若手を中心にメンバーを入れ替えてきた札幌に対しセレッソはほぼベストメンバー

ベンチにはデサバトが復帰、前節のヒーロー藤尾もメンバーに入った

札幌は若手の勢いなのか試合開始からハイプレスを積極的にかけてきてボールを握れない
圧倒的にポゼッションされるなか一瞬の隙をついてセレッソが先制


前半6分 
相手のパスミスを藤田がダイレクトで縦パスを出すと奥埜がペナルティエリア前で
受けペナルティエリアへ進入するとそのまま右足で撃ったシュートが決めり先制

このゴールが「クラブJ1通算1000ゴール」になった
ゴールを決めたあと急遽4人で1000のポーズでメモリアルゴールをお祝い

後半に入っても相変わらず札幌がボールも握る時間が多かったがゴールは許さず

後半14分
坂元が右サイド深くまで仕掛け走り込んできた陸にボールを出すと、陸はペナルティ
エリアからクロスを入れると中央でフリーになったキヨがボレーシュート
しかしキヨのシュートは当たりそこないでふわっと飛んだボールがゴール右前に飛び
詰めていた奥埜が頭で合わせゴールへ押し込んだ

2点あればもう大丈夫! 「勝」を確信しました
後半半ば過ぎから札幌のペースダウンもありセレッソがボールを回せるようになってきた
後半28分には 都倉→鈴木、キヨ→片山
後半37分に  木本→デサバト、奥埜→西川 の交代を実施
藤尾も終了間際の短い時間ではあるが出場機会を与えられた

終わってみればポゼッションは札幌の61%に対しセレッソは31%

その他の項目もスタッツ上は圧倒的に札幌が優勢
いかにもセレッソらしい勝利で札幌は負けた気がしないでしょうね




今季初の4連勝を2試合連続のクリーンシートで飾った

川崎をはじめ他の上位チームが揃って勝ったため勝点差は変わらず
次の試合がまたすぐやって来るがここは我慢比べ 絶対に負けられない
横浜を破って5連勝行きましょう!!!
2020/09/10(Thu) 03:40:24
[次6>


jintan house i